重ね着

かさねぎ
三冬
厚着

寒さ厳しい折、衣服を何枚も重ねて着ること。一枚でも多く着ると暖かくはなるが、それに比例して動きが鈍くなる。肩も懲り、 早く脱いで身軽になりたくなる。子供の重ね着姿は、ころころとしてかわいらしい。

コメントは受け付けていません。