冬の水

ふゆのみず/ふゆのみづ
三冬
水烟る

秋に澄み渡った水は、寒さが増してくるにしたがいより磨きがかか り、研ぎ澄まされていく。暖かい時分の水は、生命の輝きを放って いるが、冬のそれは命を脅かす厳しさを持っている。それゆえに、心身を清める神聖な力を感じさせる。

冬の水一枝の影も欺かず
中村草田男 「長子」

コメントは受け付けていません。