双六

すごろく
新年
すごろく/盤双六/双六石/賭双六

正月の室内遊戯の一つ。盤双六と絵双六があるが、もともとは中 国から伝わった盤双六だけであった。現在のバックギャモンのよ うなもので、盤上に十二の線を引き、さいころを振って石を進めあう遊び。賭け事にも使われるようになり、朝廷や幕府はたびた び禁令を発した。

双六の母に客来てばかりをり
加藤楸邨「望岳」

コメントは受け付けていません。