初東雲

はつしののめ
新年
初曙

元日の明け行く空のことである。「東雲」とは雲をさす言葉ではなく暁、明け方の空のこと。「初茜」「初東雲」「初明り」「初日」 とめでたく時が移り行く。

こもりくのはつ明ぼのになにもかも
素堂「素堂家集」

水仙に初しのゝめや洛の水
松瀬青々「妻木」

コメントは受け付けていません。