宝船

takarabuneたからぶね
新年

よい初夢を見るために、枕の下に敷く、宝を満載した船の絵をいう。七福神の乗ったものもある。元旦もしくは正月二日の夜に敷いて寝るとされる。

須磨明石みぬ寝心やたから船
嵐雪「小弓誹諧集」

コメントは受け付けていません。