庭竈

にわかまど/にはかまど
新年

庭囲炉裏 広い土間に筵を敷き、囲炉裏や竈を設えて煮炊きすること。家族、使用人がその回りに集まり食事をしたり、客の接待をしたりする。 竈の火は、年越の夜、神社からをもらい受けた福火。近世、奈良に残った風習。

庭竈民や難波の帝より
才麿「俳枕」

叡慮にて賑ふ民の庭かまど
芭蕉「庭竈集」

御覧ぜむことさら民の庭竈
越人「曠野後集」

薪には富みし山家や庭かまど
菊路「新類題発句集」

注連なはの餅さしくべつ庭竈
抱一「屠龍之技」

牛馬の鼻並べけり庭竈
基堂「発句題叢」

コメントは受け付けていません。