船乗初

ふなのりぞめ
新年
船初/初船/初沖/乗出し

正月二日、船霊に神酒や鏡餅等を供え、祝った後、少し漕ぎ出し、漁の真似事をして戻る。浜の子らに餅や蜜柑などを振舞う。又近くの宮へ参拝することもある。今では、二日に人々が船に乗るこ とをもいう。

乗初や鵜飼が舟は親子づれ
駝岳「題葉集」

波ほのぼの船の門松浸すなり
護物「発句題叢」

乗初や酒くみかはす蜑小舟
左文「新類題発句集」

コメントは受け付けていません。