節振舞

せちぶるまい/せちぶるまひ
新年
節饗(せちあへ)/年の饗/朝節/夕節/節小袖/節衣/節布子/椀飯振舞/節料理/節客

正月に尊長の人を招いて饗応すること。鎌倉室町時代の習わしが、近世の始め頃から民間にも、伝わった。新年を無事に迎えられたことを祝い、節料理をいただきともに酒を酌み交わした。

節の日やくらぶるとなき娘どち
嘯山「葎亭句集」

節の日や入歯に当てし貝の玉
几董「晋明集四稿」

節の日やあらかたひらく梅の花
青蘿「骨書」

訴を直に聴くなり節布子
許六「韻塞」

節客や九十三騎の打ち揃ひ
琴二「新類題発句集」

女わらべの袖比べけり節小袖
魯白「新類題発句集」

コメントは受け付けていません。