六日年越

むいかとしこし
新年

徳川時代、人日(正月七日)が五節供の一つに定められた。これが当時の節句初めであり、その前日の六日を重視する風が高まっ た。元日正月に対する大晦日と同じことを、七日正月の前日の六日に行うようになった。

コメントは受け付けていません。