初子の玉箒

はつねのたまぼうき/はつねのたまばうき
新年
玉箒/松箒/蚕屋払/飼屋払

豊蚕を祝って、また、当年も豊蚕であることを願い、新年の初め の子の日に、蓍(めど)という草を箒に仕立て、蚕屋を掃くこと をいう。この箒に玉を飾ったことから玉箒と美称する。

拾得の几巾(たこ)にからむや玉箒
其角 「絵大名」

よろこぶを見よや初子の玉はは木
嵐雪「其袋」

コメントは受け付けていません。