焼米

やきごめ
初秋
やいごめ/ひらごめ

籾のままの新米を炒った後、籾を取り去ったもの。ほんのり甘く香ばしい。昔はおやつ代わりに食べた。

焼米を幾年かんで諸しらが
才磨「椎の葉」

焼米や其家々のいせの神
召波「春泥句集」

焼米や家に伝はる会津盆
樗良「題材集」

焼米を粉にしてすする果報かな
一茶「七番日記」

焼米や昔の僕とて来る
島田五空「裘」

焼米や我れ愚に堪へて句を作る
長谷川零余子「雑草」

コメントは受け付けていません。