鴫の羽盛

しぎのはもり
仲秋

鴫の頭と羽根で鴫の全体の姿を作り、その真中に焼いた鴫の肉を 盛り付けるというもの。『増山の井』では「鴫」の傍題として扱われている。

コメントは受け付けていません。