夜蛤

よはまぐり
仲秋

江戸時代、夜に蛤を売り歩いたこと。庶民はこれを買って月見の夜の吸い物とした。

コメントは受け付けていません。