廻り灯籠

まわりどうろう/まはりどうろう
初秋
舞灯籠/影灯籠

内枠と外枠を持つ二重構造の灯籠。内側の切り絵の影が外枠には られた紙または布に、回りながら映るという幻想的なもの。蝋燭の熱による上昇気流で回るようになっている。

からくりもよくあや鶴やまひ燈籠
信徳「口真似草」

花にあかぬ嘆きはいつも影灯籠
惟中「俳諧三部抄」

コメントは受け付けていません。