行水名残

ぎょうずいなごり/ぎやうずいなごり
仲秋
行水の果

秋になって行水を使わなくなること。昔は、汗ばんだ体を清潔に するためにも、涼を取るためにも行水はかかせないものであった。秋風が吹くようになればそれも肌寒さを覚えるようになる。

行水の名残りや月も七日過ぎ
大須賀乙字「乙字句集」

コメントは受け付けていません。