ウルップ草

うるっぷそう/うるつぷさう
晩夏
得撫草/はまれんげ
【解説】
ゴマノハグサ科ウルップソウ属の多年草。本州の高山帯や、北海 道北部の島々の湿った岩場に自生する。葉は光沢のある肉質な卵 形。夏に二十センチほどの花茎を伸ばし、その頂に青紫色の花を穂状につける。千島列島のウルップ島で見つかったのでこの名が ついた。
【科学的見解】
ウルップソウは、多年生の高山植物であり、ヒアシンスに似た青紫色の花をつける。近縁種としては、ホソバウルップソウやユウバリソウが挙げられる。どの種も高山帯の寒冷地を好む植物である。(藤吉正明記)

コメントは受け付けていません。