鈴懸草

すずかけそう/すずかけさう
晩夏

ゴマノハグサ科クガイソウ属の多年草。岐阜県と徳島県にしか自 生していないといわれる絶滅危惧種である。草丈は一・五メート ルくらい。互生する葉は卵形で鋸葉。七月から八月にかけて葉腋に濃紫の糸状の花を咲かせる。

コメントは受け付けていません。