赤草

あかくさ
晩夏
山酸漿/地錦

水草の一種らしいが、植物学的にははっきりしない。『糸切歯』(宝暦十二年)によれば、葉は三寸くらいでぎしぎしを小さくし たようなもの。葉一つに根一つで、葉、茎ともまくれない。六月に紙縒りのような花を一茎に一つ咲かせる。

コメントは受け付けていません。