早松茸

さまつたけ
晩夏
さまつ

キシメジ科。松茸に先立って夏に出る茸。傘の径五~二十センチ、 柄の長さ五~二十センチ。松茸に似て茶褐色。松茸のような強い 香りはないが新鮮なうちは茸らしい香りがある。歯ごたえが良く 鍋物、炊き込み御飯などに利用する。

ほととぎす確かに峰の早松茸
丈草「柿表紙」

コメントは受け付けていません。