八月大名

はちがつだいみょう/はちぐわつだいみやう
初秋

八月にちょっとした大名気分を味わうということ。陰暦の八月は刈り入れ前の農閑期。農家ではこの時期を利用して客を招くことが多く、酒肴などにささやかな贅沢も許された。

コメントは受け付けていません。