秋の虫送り

あきのむしおくり
仲秋

蝗などの害虫を追い立てて稲を守ること。炬火をふるって追ったり、鉦鼓を打ち鳴らしたりして川辺などまで追い込んだ。

猶も田に蛍はのこせ虫おくり
也有「垤集」

明の火に一天暗し虫送
祐昌「発句題叢」

コメントは受け付けていません。