焼帛

やきしめ
三秋
焼吊/嗅し

切り取った馬の尾などを焼き、その臭いで田畑を荒らす害獣を遠ざけようとするもの。

焼帛のけぶりのすゑに野菊かな
几董「井華集」

焼帛や風のまにまに露しろき
松瀬青々「妻木」

コメントは受け付けていません。