麦の秋(むぎのあき) 初夏

muginoaki【子季語】
麦秋、むぎあき
【解説】
麦の穂が成熟する五月から六月頃をいう。日に輝く黄金色の穂は美しく、麦畑を風がわたるときの乾いた音も耳に心地よい。

*

深山路を出抜けて明けし麦の秋
太祗 「太祗句選」

夕暮や野に声残る麦の秋
楚秋 「五車反古」

麦秋や雲より上の山畠
梅室 「梅室家集」

麦秋や日出でゝ霞む如意ヶ嶽
日野草城 「花氷」

網棚に帽子の箱や麦の秋???
長谷川櫂 「天球」

コメントは受け付けていません。