水始めて涸る

みずはじめてかる/みづはじめてかる
仲秋

七十二候のうちの秋分三候(十月三日~七日頃)のこと。「水涸 る」を冬の季語とするわが国にはそぐわないが、水気が失せてゆ く季節感を観念的に表している。

コメントは受け付けていません。