裸木

はだかぎ
三冬

冬になって落葉を終えた樹木のこと。まとっていたものを、すべ て取り払った状態になることからこう呼ばれる。俳句では、枯木 と同じような意味で使われるが、「裸」という言葉の印象が枯木 以上に蕭条としたものを印象付ける。

コメントは受け付けていません。