うそ寒

うそさむ
晩秋
薄寒/うすら寒

秋半ばから晩秋にかけての、うすら寒い感じのこと。「うそ」は 「薄」を意味する。やや寒、そぞろ寒と似たような寒さで はあっても、気分的な違いがある。

うそ寒や不断ふすぼる釜の下
才麿「椎の葉」

倶梨伽羅の小うそ寒しや雲の脚
路通「去来文」

うそ寒や親といふ字を知つてから
一茶「七番日記」

うそ寒も小猿合点か小うなづき
一茶「志多良」

うそ寒や蚯蚓の歌も一夜づつ
一茶「八番日記」

うそさぶく宵寝する子を見やりけり
成美「随斎句藻」

うそ寒の身をおしつける机かな
渡辺水巴「水巴句集」

うそ寒や畳にをどる影法師
富田木歩「木歩句集」

うそ寒や黒髪へりて枕ぐせ
杉田久女「杉田久女句集」

コメントは受け付けていません。