蟄虫咸俯す

ちつちゅうみなふす
晩秋

虫穴に入る 七十二候のうちの霜降三候(十一月二日~六日頃)のこと。「咸」 はすべて、おしなべて。虫がことごとく穴の深いところに潜むと いう意味。

コメントは受け付けていません。