鹿島の事触

かしまのことぶれ
新年
言触

近世、鹿島神宮では正月にその年の豊凶を占い、その託宣を諸国 に告げまわったという。これが鹿島の事触である。三十六人の禰 宜が、折烏帽子に狩衣を着て幣帛を担ぎ、明神の祓札を配布しな がら触れ廻った。
晩稲よき鹿島のふれも噂かな
高田蝶衣「青垣山」

コメントは受け付けていません。