狐舞

きつねまい/きつねまひ
新年
稲荷山の白狐/祈祷狐

江戸時代に、吉原などの遊里を中心に舞い歩いた門付け芸の一種。 白木綿の着物に狐の面をかぶり、尾をつけて舞い歩いた。狐舞に 抱きつかれると子供ができるという迷信もあって、遊女らが逃げ 回ったという。正月のほかは大晦日や節分の夜にも行われた。

コメントは受け付けていません。