敲の与次郎

たたきのよじろう/たたきのよじらう
新年
たたき

正月の門付け芸。江戸時代、京都の与次郎というひとが、手を叩いて拍 子を取り、祝ぎ事などを述べて米や銭をもらって歩いた。鳥追いの原型であるという。

コメントは受け付けていません。