ちよろ

新年
ちよろけん/長老舞

江戸時代後期、京阪地方を中心に流行した正月の門付け芸。ちょ ろは福禄寿のこと。張り子の福禄寿をかぶり、三味線や太鼓の囃 子で踊って祝儀をねだった。

ちよろが来る川のうは手の堤かな
松瀬青々「松苗」

コメントは受け付けていません。