若夷

わかえびす
新年
若夷迎

夷神の像を刷ったお札のこと。縁起がよいというので、元日の早 朝に売りに来たそれを買い求め、歳徳棚に供えたり、門口に張っ たりした。江戸時代の上方の風俗。

歌学せば上達しめよ和歌えびす
季吟 「山の井」

若夷ふところよりや四方の春
信徳「砂箒」

当年もまだ若えびす八十二
言水 「真蹟」

年や人にとられていつも若えびす
芭蕉「夜の錦」

兄たちは皆れきれきや若えびす
路通「翁草」

愛敬に能い客つるや若恵比寿
素丸「素丸発句集」

若あらば神代の皰若えびす
常矩「おくれ雙六」

明けたつやされば幾世を若戎
東宜「発句題叢」

コメントは受け付けていません。