毘沙門功徳経

びしゃもんくどくきょう/びしやもんくどくきやう
新年
唱門師/夙の者

元日の招福行事。元朝、陰陽師などが家々を回り、毘沙門経を唱 えて、毘沙門天と若夷の札を京都の町で売り歩いた。人々はこの 札を買い求め、門に貼ったり歳徳棚に供えたりした。

コメントは受け付けていません。