据り鯛

すわりだい/すわりだひ
新年

元日の祝膳に据えられる尾頭つきの塩鯛のこと。昔は裏白を敷き、その上にすえた。めでたいに通じる縁起物である。

コメントは受け付けていません。