水無月(みなづき) 晩夏

【子季語】
風待月、常夏月、青水無月
【解説】
陰暦六月、陽暦の七月ころにあたる。炎暑のため、水が涸れ尽きて地上に水の無い月と解されている。酷暑にあえぎながら風待つうちに、時に雷鳴や夕立を催し、夕暮れの涼しさには秋の気配を覚えるといった時候である。この月の晦日に夏越の祓を行い、身を清める。
        
*

水無月や伏見の川の水の面 
鬼貫 「大悟物狂」

水無月や鯛はあれども塩鯨 
芭蕉 「葛の松原」

水無月の朝顔すずし朝の月
樗良 「樗良発句集」

水無月の限りを風の吹く夜かな 
闌更 「半化坊発句集」

骨髄に青水無月の芭蕉かな 
蓼太 「蓼太句集三編」

戸口から青水無月の月夜哉
一茶 「八番日記」

六月や峯に雲置くあらし山 
芭蕉 「句兄弟」

六月の埋火ひとつ静かなり
暁台 「暁台句集」

温泉あれど六月寒き深山哉 
闌更 「半化坊発句集」

六月の氷もとどく都かな
蓼太 「蓼太発句集」

コメントは受け付けていません。