懸想文売

けそうぶみうり/けさうぶみうり
新年
懸想文/化粧文

懸想文は本来艶書を意味したが、良縁、夫婦和合、商売繁盛等の ご利益もあるとされる。元禄のころ、元日の朝から十五日まで、赤い袴に立鳥帽子、白覆面といういでたちで京の町を売り歩いた が、その後すたれた。現在、京都須賀神社で復活し、昔の姿を真 似て節分祭とその前日に売っている。

鶺鴒はむかしむかしやけさう文
蓼太「蓼太句集第三編」

ちと見せよことし王母がけさう文
大江丸「はいかい袋」

懸想文睦月けふとぞ書かれたり
銀台「松のそなた」

コメントは受け付けていません。