春袋

はるぶくろ
新年
天地袋/天地の袋

平安以降のしきたり。初春に女児が縫う袋のこと。袋いっぱいに幸せを詰めたいという願いがこめられている。「巾着財布の類を 祝ふて縫ふことなり」『季寄新題集』とあるので、用途は財布で あったと思われる。

かくしたるうちぞ床しき春袋
蝶夢「草根発句集」

口〆て誰かすておく春ふくろ
古声「骨書」

コメントは受け付けていません。