住吉の白馬神事

すみよしのあおうましんじ/すみよしのあをうましんじ
新年

正月七日、大阪住吉大社での神馬乗り初めの儀式。千七百年代は、 夜の行事であったが、後に朝に改められ、現在は略式ながら古式 に則り行われている。宮司、禰宜、怜人等が祝詞雅楽を奏上、全身真っ白の神馬一頭が引き出され、社殿を三周する

コメントは受け付けていません。