金水引

きんみずひき/きんみづしき
初秋

バラ科キンミズヒキ属の多年草。本州、四国、九州などの山地や 路傍に自生する。丈は一メートルほど。葉は互生し羽状複葉。八 月から九月にかけて、茎の上部に黄色い花を穂状につける。水引に似た黄色の花でであることからこの名がついた。葉や茎は干し て生薬とする。

コメントは受け付けていません。