東本願寺献盃式

東本願寺献盃式/ひがしほんがんじけんぱいしき/ひがしほんぐわんじけんぱいしき
新年
献盃
京都市下京区東本願寺の御影堂で行われる儀式。御前四時頃、法 主自ら開祖親鸞上人の厨子を開き、親しく屠蘇酒をくみ供える。 後、修正会の鐘を合図に衆僧が本堂へ出仕し、恒例の修正会の行 事へと移っていく。

コメントは受け付けていません。