東福寺羅漢供

とうふくじらかんく
新年

正月五日、京都東山区の東福寺では、明兆(兆殿子)筆と伝えら れる五百羅漢図四十五幅を、僧堂に掲げて供養を行った。多くの老若男女の参詣があったが、現在は廃れてしまった。

コメントは受け付けていません。