太融寺の富

たいゆうじのとみ
新年

正月七日、大阪市太融寺境内の弁天社で行われた富籤興業のこと。 延宝の頃(十七世紀)栄えたが、富籤は禁止されるようになった。当寺には、弁財天女の牛王法印の降富があり、七難即滅七福即生が祈願されたという。また、この寺には淀君の墓碑がある。

コメントは受け付けていません。