役行者忌

えんのぎょうじゃき/えんのぎやうじやき
晩冬
小角忌

陰暦正月元日を忌日とするが、没年・忌日は明らかでない。誕生 は、六百三十四年正月、大和国葛城郡の人。鎌倉時代に入り修験 道の開祖として仰がれた。現在も役行者、二役の小角の名はよく 知られるところ。説話化が進んでおり、その実体は不詳。

コメントは受け付けていません。