須磨の御禊

すまのみそぎ
晩春

陰暦三月上巳の日に、蘭草をもって御禊をすると疫病にかからぬ という。古来中国から入って来た習俗で、「源氏物語」須磨の巻 にも、光源氏が浦辺に出て、舟に人形を乗せて流したとある。人 形は形代とも。紙や草で着物の形を作り、罪・穢を乗せて流す。
桃散りて人かた浮くや須磨の浦
松瀬青々「妻木」

コメントは受け付けていません。