季御読経

きのみどきょう/きのみどきやう
仲春
引茶

宮中において二月、八月の二季に定例をもって行われた仏事。毎 回四日間、大般若経の転読があり、威儀師が儀式作法の指揮にあ たった。三日目に引茶という茶を僧に賜った。聖武天皇の天平年 間に初めて行われたものという。

コメントは受け付けていません。