餅花煎る

もちばないる
初春
餅花煎/釈迦の鼻糞

餅花は、正月や節分に、藁や柳の枝に白、うす紅、緑に色付けし た餅を小さく丸めてつけ、花が咲いたように飾ったもの。これを 干しておき、二月十五日の涅槃の日に煎って供物とする。お下が りを戴くのは、子供の楽しみであった。

コメントは受け付けていません。