夏書

げがき
三夏
夏経

夏安居(四月十六日から九十日間)の期間中、写経は大事な部門 で、これを夏書という。寺院に限らず、在家でも読経、写経を行 い、安居の終わる解夏を待って、先祖供養のため寺に納経する。

傾城の夏書やさしや仮の宿
其角「桃の実」

月と日は男の手なる夏書かな
太祇「俳諧新選」

たもとして払ふ夏書の机かな
蕪村「新花摘」

たらちねのゆるさぬ恋の夏書かな
几菫「晋明集五稿」

夏書すやねみだれ髪をかき上げて
蝶夢「草根発句集」

人の為に枕しながら夏書かな
大魯「芦陰句選」

よそ目には夏書と見ゆる小窓哉
一茶「新集」

コメントは受け付けていません。