例幣

れいへい
晩秋
伊勢奉幣

神嘗祭(十月十七日)の前に、皇室より勅使をもって伊勢神宮へ 幣帛(へいはく)が献上された。毎年のことなので、例幣といっ た。平安時代に始まり、中断、明治に復興された。錦、綾、糸、倭文、席鞍馬具等を添え、祭文と共に伊勢に届けられる。

コメントは受け付けていません。