道灌忌

どうかんき/だうくわんき
初秋

陰暦七月二十六日、太田道灌の忌日。室町時代の関東管領上杉氏 の執事太田資清の子で名は持資、入道して道灌。戦略に秀で、江 戸築城は有名。歌人としてすぐれ漢詩文の素養もあったが、讒に あい主のために亡ぼされた。文明十八年没。五十五歳。

コメントは受け付けていません。