許六忌

きょりくき
仲秋
五老井忌

陰暦八月二十六日、五老井許六の忌日。彦根藩士で、画、漢詩を 嗜み、後、俳諧を学んで蕉門屈指の作者になった。芭蕉の「柴門 の辞」には、許六を画道の師と仰ぎ、画、書、俳諧、和歌ともに帰するところはひとつと述べている。正徳五年没。六十歳。

コメントは受け付けていません。